問題となっている廃課金はいくらからか

現在においてゲーム界においてインターネットを介したオンラインゲームが主流となっていますが、そのオンラインにおいてある問題が起こっています。その問題というのが廃課金であり、この廃課金とは現実のお金をゲームに使いすぎることで現実の生活に大きな支障をきたす依存症を指します。まず課金システムとはオンラインゲーム企業と契約しているネットバンクもしくは課金専用サイトに銀行もしくはATMから資金を送金し、そのネットに資金したお金を利用してオンラインゲームに販売されている商品を購入するというものです。この課金システムによりゲーム上で課金において出しか手に入れることのできないレアアイテムを手に入れることができて、それを使いゲーム上のキャラクターを強くできることから課金する人が増えているのです。しかし廃課金は課金の限度を超えた額を使うことで私生活が破綻することがあるため注意が必要であり、その廃課金になる金額はいくらが限度なのかを知る必要があります。この廃課金の限度額はいくらですが、このオンラインゲームのアイテム料金によっても変わりますが通常であれば月1000円から5000円が適正価格と言えます。それ以上になると月5000円から10000円を重課金と呼び廃課金予備軍とされて、そして廃課金は月10000円以上を使う人を指すことになります。

Comments are closed.