廃課金と確率について

インターネットオンラインゲームやスマートフォンなどでのゲームは、最初は無料であったりあるいは基本的には無料で遊べるゲームが多くあります。無論すべて無料だとゲームとして成り立たないですし儲けにもなりませんので、ゲームを進める上で有利になるように課金と言ってお金を払ってゲームをする上で重要なアイテムなどを購入するようになっています。
このアイテムなどを廃課金と言って大量に現実の現金で購入することによって、ゲーム上他者よりもいいものを購入することなどを行う人が大勢います。
この廃課金によってその目的のものが当選つまり当たる確率ですが、それほど高くしたら購入をあまりしてくれなくなるなどの理由で、当選確率自体を低く抑えているのが常です。ただし、この廃課金は親のクレジットカードでそのまま購入したりであるとか、あるいは社会人であればゲームに没頭するあまり、借金をしてまで遊んでしまう廃課金者が現れるなどの社会現象、社会問題化してきてます。
こうしたことから特に18歳未満の子供に対しては、クレジットカードの利用制限をするなどの対応を取っているところも多くありますし、業界で規制をかけてこうした問題に取り組んでいる最中でもあります。

Comments are closed.