ネットゲームにおける廃課金と仕事

廃課金とは、ネットゲームやネットのアバターに対して、とても高額なお金を課金してしまうことを言います。

仕事で得たお金を、そのままネットゲームにつぎ込んでしまう方が多く、ニュースで度々報道されています。
中には未成年者の方が、親のクレジットカードを勝手に使い、廃課金を行ってしまったという事例もあります。

課金というのは、お金をネットゲームに支払う行為ですが、廃課金というのはその金額がとてつもない金額のことをいいます。
例えば、廃課金を行う人たちの中には、月に10万円以上、中には100万円以上をつぎ込む人も存在します。

このような方たちのことを廃課金者または廃課金ユーザーと呼びます。

中には仕事をやめてまで、ネットゲームに依存してしまう方もおられます。

そのような方たちは仕事を忘れ、ネットが自分のいる本当の世界だという認識を持ってしまったり、
片時もネットゲームから離れることが出来なくなったあまり、仕事を辞めてしまうケースもあります。

なぜ片時もネットゲームから離れることが出来なくなるのかというと、仕事に行っている間に
他のプレイヤーが、そのゲームの世界のランキングでトップになってしまうこともあるからなのです。

Comments are closed.